Xリーグ西地区第3節を見てきました

第2節は雨天のためネット配信で観戦しました。第3節はバッチリ現地観戦です!

 

パナソニックインパルス(97−6)アズワンブラックイーグルス

 

真夏のような日差しの下で行われた試合は圧倒的な力の差を見せつけられる結果となりました。

初戦のエレコム神戸戦、2戦目のアサヒ飲料戦ではらしくないプレーが見られ、苦しみながら勝利した印象だったパナソニックインパルス、しかしこの試合ではうって変わって1Qから4TDを奪い、次週以降に控えた関東勢との対戦に向けて主力を温存することができました。

一方1勝1敗で迎えたアズワン、ケガの#4田原に変わって新人QBの#7轟木が奮闘するも強力なパナソニックディフェンスの前に3つしかファーストダウンを奪うことしかできず、試合終了間際に#85川端がキックオフリターンタッチダウンで一矢報いるのがやっとでした。

 

アズワンの選手には申し訳ないですが、1回ぐらい100点試合見てみたかったです。

 

エレコム神戸ファイニーズ(45−20)アサヒ飲料クラブチャレンジャーズ

 

西地区注目の好カード、エレコム神戸はドぎつい目に眩しいライムカラーのお披露目の場にもなりました。

https://www.instagram.com/p/Bnxky5mll4R/

 

ルーキーWR#84金岡のタッチダウンで7点を先制したエレコム神戸に対し、アサヒ飲料はすぐさまWR#1ジョンソンへのパスでタッチダウン、しかしK#17西岡のTFPはブロックされて同点とはならず。

ここで同点になっていればアサヒ飲料はモメンタムを掴めたかもしれません。結果論ですが、このプレーが大きなターニングポイントになったのではないかと思います。

2QにはRB#22川渕の2TD、WR#15木下のタッチダウンで28−6とまさかの大量リードで試合を折り返します。

 

後半リターンのエレコム神戸、パントのスナップが大きく乱れエンドゾーンへ転々と転がり、これをアサヒ飲料の#9山本が押さえてタッチダウン、2点コンバージョンを成功させ28−14とします。

この時、アサヒ飲料ディフェンスは主将のLB#4大江を中心にものすごくアグレッシブでした。もしかしたら逆転劇もあり得るんじゃないかと思ったのですが…

 

自陣までエレコム神戸に攻め込まれるもなんとか凌いだアサヒ飲料自陣20ヤードからの攻撃、リバースプレーの際にボールをファンブルエレコム神戸が押さえて敵陣9ヤードでファーストダウン。最後は#15木下へ2本目のTDパスを通し35−20、試合を決定づけました。

しかし4Q、アサヒ飲料はWR#82横山のタッチダウンで追いすがるもTFPキック失敗で35−20。エレコム神戸はこの後1TD1FGを上げて終わってみれば快勝でした。

 

いやあ、ぶっちゃけこんな結果になるとは思ってませんでした。パナソニック戦をベンチマークとするならば、両チームは昨年より確実に力をつけているのがわかります。

なのになぜ、ここまで差が開いたのか?

考えても考えても私にはわかりませんが、この先の試合でそれが判明するかもしれません。

 

最後に両チームにお願い。反則は減らしましょう。