Xリーグ西地区第5節観た試合まとめ

10月6日 名古屋サイクロンズ(16−6)サイドワインダーズ

 

前半終了間際、サイドワインダーズWR19水野のタッチダウンで6−3と逆転し試合を折り返します。地元開催で敗れリベンジを目指す名古屋とだがエンドゾーンが遠く、それでもK97真置の2本のFGで9−3と逆転に成功。

https://www.instagram.com/p/Bol9xg7FJ8n/

#2018年10月6日 #名古屋サイクロンズ #97真置選手 決勝のFGでした

入れ替え戦回避へなんとしても勝利したいサイドワインダーズ、敵陣20ヤード付近まで侵入しますが、ボールを持ったQB4前田がタックルを受けファンブル。それを拾い上げた名古屋DB3石田が拾いそこから85ヤードのリターンタッチダウンで勝負あり。

https://www.instagram.com/p/Bol-aowl84J/

#2018年10月6日 #名古屋サイクロンズ #3石田選手 サイドワインダーズ敵陣17ヤード、逆転のピンチでしたがファンブルしたボールを拾いエンドゾーンまで独走のタッチダウンでした

 

第6節は関東での試合のため、名古屋の試合を見られるのは今年はこれで最後。初戦のアズワン戦を観たときは「今年はやってくれるんじゃないか」と期待したのですが…どうもケガ人が多いみたいですね。

サイドワインダーズが残すのはアズワン戦。敵地でアサヒビールを苦しめたように簡単に勝てる相手ではないですが、勝利目指してほしいと思います。

 

10月8日 エレコム神戸ファイニーズ(31−16)LIXILディアーズ

試合の動画貼れないのでXリーグのサイトから観てね

万博記念競技場で行われた試合。LIXILは敵陣ゴール前数ヤードまで何度も攻め込むもエレコム神戸のディフェンスが光り、前半はタッチダウンを奪えず2度のFGで攻撃を終える。エレコム神戸はDB14田中のインターセプトリターンタッチダウンで勝ち越すと更にWR18佐藤のタッチダウンで17−6と2ポゼッション差をつけ折り返す。

https://www.instagram.com/p/Boq-OGwFfZ1/

#2018年10月8日 #エレコム神戸ファイニーズ #14田中選手 2インターセプト、うち1リターンタッチダウン、2パスカットと大活躍でした

後半LIXILのドライブ、ゴール前6ヤードまで進むもやはりタッチダウンが奪えない。一方エレコム神戸はパスで2本のタッチダウンを上げ、対LIXIL戦初勝利を上げた。

 

エレコム神戸はDB14田中や10月から出場可能となったWR26永見、K12山崎らルーキーが大活躍でした。LIXILは観客のほとんどがオレンジ色のTシャツを着て、また関西出身選手のトレーディングカードを配布するなど盛り上げていましたが、2勝目とはなりませんでした。

 

10月8日 アサヒ飲料クラブチャレンジャーズ(41−20)IBMビッグブルー

着実にタッチダウンを重ねたIBMが24−7と前半でほぼ試合を決定づける。

https://www.instagram.com/p/Bo1ZXQBl8ME/

#2018年10月8日 #アサヒ飲料クラブチャレンジャーズ vs #ibmビッグブルー #84近江選手 #6桝井選手

後半、アサヒ飲料は副将のWR82横山へのパスでタッチダウンを決め追い上げるものの時すでに遅し。ワイルドカード圏から抜け出すことはできなかった。

https://www.instagram.com/p/Bo1aw4mFJvR/

#2018年10月8日 #アサヒ飲料クラブチャレンジャーズ #4大江選手 試合後の主将挨拶を終えた後、改めて3方向に頭を下げていました。人柄が伝わってきます。

 

あまりの試合に多くを語りたくないのですが、アサヒ飲料どうしてこうなった

同地区のエレコム神戸に差をつけられるばかりです。個々の選手は見劣りするとは思わないのですが…。最終節の結果次第では9位の可能性があります。そうなれば来シーズンから始まる上位8チームによるリーグ戦に参加できません。そうなれば主力選手の流出もあるんじゃないかと思っています。