4月27日、関西学院大学ファイターズの初戦を観戦してきました

2019年のアメフト春シーズンがようやく到来しました(^O^)

 

この日は去年の大学日本一、関西学院大学ファイターズvs法政大学オレンジの対戦を観てきました。

関学は元々ファンの多いチームではありますが、加えて新入生が無料招待デーだったり、系列の中高生も招待されていたりで(ガンガン校歌が流れるから覚えて帰ってね、ってことらしい)王子スタジアムのメインスタンド側は見たことがないぐらい、ぎっしりと埋まっていました。ゴール裏の芝生の所で観ている人もいました。

一方あまり関西では試合をしない法政大学ですが、とはいえ関西出身の選手もいます。(主将を務めたブリリアンのコージが大阪出身ですね)チームサポートにUNDER ARMOURで有名なドーム社が加わってからチーム名がオレンジに変わったり、ホームページもオシャレに一新されています。

そういえば関学もUNDER ARMOURのバックアップがあるようなので、その辺もあってこの2チームの対戦が実現したのかな、と思います。

 

試合の間ずっと強い風が吹いていたり、通り雨の後一気に冷え込んだりと絶好とは言えないコンディションの中で行われた試合、関学レシーブで始まった前半最初のドライブでタッチダウンを決めると、その後もタッチダウンを重ねました。

細かいミスがなかったわけではありませんが、全般を通してみると危なげない試合運びで、終わってみれば関学の圧勝でした。これはスタッツを見れば一目瞭然です。

特に凝ったプレーは無くシンプルなプレーの積み重ねでこれだけ差がつくのか、というのが率直な感想です。

www.kgfighters.com

 

 

4years.asahi.com

こちらの記事を読むとでは前半奥野、後半平尾の2人のQBを使うゲームプランだったようですね。(実際は4Qに4年の中岡が起用されていました)

https://www.instagram.com/p/BwxyourgQYP/

#3奥野選手 #18平尾選手 #14中岡選手 中岡選手はパンターとしても出場してましたね #2019年4月27日 #関西学院大学ファイターズ vs #法政大学オレンジ #D5600 #アメフト

 

また、4ダウンギャンブルを多用したり、点差がついているにも関わらずタイムアウト取ってプレーを続けたりしていたのはサイドラインのQBがプレーコールを出していたからと知り納得できました。普段の関学なら見かけない場面でした。

 

法政の方はQBに1年生の平井を起用していました。入学して間もないですし、レシーバーとのタイミングがイマイチ合っていないように思いましたが、将来の成長を見越してなのか、1試合を通して出場していました。

f:id:tobethechange:20190429130950j:plain

 

関学の次戦は5月5日、再び関東から慶應義塾大学を迎えての試合。両者とも2週連続の試合となります。