2019年シーズンの国内アメリカンフットボールについて思うこと沢山

1月3日のライスボウルをもって2019年シーズンのアメリカンフットボールが終了しました。

ツイッターの方でもちょいちょい呟いていたのですが、ここにまとめておきたいと思います。

 

・関西学生のリーグ戦について

今年から甲子園ボウルの出場権が関西3位まで与えられるようになりましたが、その影響で1・2節、3・4節が連戦になりました。どこかで日程を詰める必要があるのはわかりますが、その時期はまだまだ暑いですからね…何らかの配慮が必要ではないでしょうか。

その一方、Div.2の試合間隔が連戦だったり2週空いたりと歪になりました。Div.2は去年から1ブロック8チームに再編されましたが、去年はDiv.1との隔週開催で整っていました。Div.1の影響をもろに受けているのは間違いないでしょう。ここも改善してあげてほしいと思います。

 

甲子園ボウルについて

前述のように関西3位校まで出場できるようになりましたが、西日本代表校決定戦に出場するには関西1位校以外は4週連続で試合をしなければならなくなりました。

そのシステムを否定するつもりはないのですが、前述のリーグ戦も含めてタイトな日程を組んでプレーする選手のケガのリスクも考えてるのかな?

それから北陸代表の福井県立大学が1回戦で福岡に遠征して西南学院大学と対戦することになっていたのですが、遠征費用が70万円足りなくて困っているとニュースになっていました。距離的なことだけを考えれば「東海vs北陸」「九州vs中四国」に固定してもいいと思うのですが…。

あと、このトーナメント表ですよね。

f:id:tobethechange:20200103210501p:plain

いや、絶対おかしいでしょ!

東日本代表校決定戦の早稲田大学vs東北大学の選手がアップしている場面を見ていたのですが、東北大学の選手は50人ぐらいしかいなかったですよ。そのチームに勝って東日本の代表を名乗っていいのかな?とは思います。(メディアでも関西学院大学vs立命館大学が事実上の大学の日本一決定戦なんて言ってますし)

関東の方も2位校に出場権を与えて、最終的に準決勝が「関西1位vs関東2位」「関西2位vs関東1位」になる(のが理想的になるような)形でトーナメントを組み直せばいいと思います。甲子園ボウルが「関西学院大学vs立命館大学」「日本大学vs早稲田大学」でもいいと思うんですねどね。関東勢対決になったら試合主管の関西学生連盟が困るとは思いますが。

 

・X1リーグSuperについて

今年からの新方式になりましたが、IBMノジマ相模原の不調、エレコム神戸の躍進(躍進たってIBMに勝っただけですが。ノジマ相模原に負けたし)でまあまあ盛り上がったのではないかと思いますし、運営側も盛り上げようとした努力は見えました。

ただ、リーグ戦の対戦順については納得できません。

前年度1位の富士通を基準にすると、3位、2位、4位、8位、6位、7位、5位の順。

開幕戦にビッグゲームを持ってきて盛り上げたいのはわかりますが、序盤に上位チームとの対戦を固めてどうすんねんと。下位のチームのシーズン終盤に上位チームとの対戦が続いて戦意消失するのではないかと。リーグの盛り上がりを考えたら、前年2位のチームとの対戦は最終節に持ってきてもいいと思います。

映像配信については「映像の部分については」良かったと思います。西日本はrtvに変わって非常に見やすくなりました。(学生の試合と比較したらカメラの台数は少ないと思うけど)

関東の副音声的解説(通称:居酒屋)は賛否が分かれると思いますが、僕はありだと思ってます。だがXリーグYoutubeに出てくる2人、テメーらはダメだ。特に「関西の試合は見ていない」と言い切った人、HPのレビュー記事書いてると言ってたけど本当に見ていないと丸わかりよ。的外れな評価してるからね。

 

・X1エリアについて

まず上位との入れ替え戦が1チームというのは大問題。ここは改善してほしいですね。リーグ戦が総当たりではないので、上位2チームの順位決定戦を行うことには賛成です。その際には上位チームのホーム会場、今年ならアサヒ飲料が1位だったので王子かエキスポで開催してほしいと思います。

個人的にもっと大問題だと思うのは最終節に遠征試合を組んでいること。元々リーグ戦が6試合しかないのに、最終戦で地元で応援してくれたファンに挨拶する機会を与えないのはどうかしてると思います。アサヒ飲料なんて福岡遠征もあったから第4節で地元開催終わってましたからね、首位独走してたのに。

 

・JXBトーナメントについて

準決勝を関東・開催に分散させたいのはわかります。今年問題になったのは2位のオービックが3位のパナソニックのホームである関西で試合をしたことでしょう。(試合に負けたのは遠征になったからではないと思います)

オービックvsIBMが関西での試合なら平等だったのか、などたらればの話になってしまうのでこれはこれでいいと思います。

勝戦の1Q15分問題ですが、現状の月曜19時キックオフだと試合終了が22時を過ぎてしまうので厳しいのではないでしょうか。打開するためには週末開催ですよね…甲子園ボウルと同じ日の17時ぐらいのキックオフにしてはいかがでしょうか。

 

ライスボウルについて

はい、答えの出ない議論が延々と続くやつですね。

重篤なケガ人が出ていないから制度の変更はしない、そうなった時に改めて考える」なんて会長が言っちゃいました。確かに重篤なケガ人は今年も出ませんでしたが、ケガ人が多いなとは思いました。とりあえず1Q12分に変更すれば、疲労からくるケガについては幾分防げるのでは?と考えます。

外国人規制問題もありますね。社会人側の外国人選手の出場に規制をかけるというもの。その議論の大前提に「何を持って外国人とするか」というのがあると思います。Xリーグのルールに「日本の大学を卒業していれば日本人枠になる」というのがありますが、彼らも日本国籍じゃないからという理由で規制するのか、いわゆるハーフはどうなるのか?帰化していたら?アジア系も外国人ですよね?など大きく「外国人」でくくってしまうことは危険だと思います。大学側にも留学生などの外国人がいる可能性もありますからね。

しかし、今回の試合でも点差以上に力の差があったのは一目瞭然だったのは事実です。戦っている土俵が違いすぎました。

「お客さんがいっぱい入ったから良し」「試合が盛り上がったから良し」ではダメだと思いますよ。今のスポンサーとの契約があと1年残っているはずなので、今は表にしていないだけで裏で議論している、とかそういうのを期待します。

 

以上、あくまでアメフトが大好きなファンとしての意見を書かせていただきました。これについても賛否両論(否の方が多いかな?)あると思いますが、こういう意見もあるよ、と受け取っていただければと。